FC2ブログ

記事一覧

akoホビー メガミデバイス改造パーツ その2



前回に続いてakoホビーさんのメガミデバイス改造パーツ
をお送りします。

メガミデバイスを下半身デブにする改造パーツでして前回
はメインの下半身が完成したところまでの内容でした。

今回は残った胸パーツを組んでいっての完成編になります。
とは言っても胸パーツ数は2個だけなんですが、これが一癖
あるシロモノでした。




DSCN9652.jpg
改造パーツにはメガミデバイスにはめ込めるようにダボが
設けてありますが、これがハマらないんです。。

日本製のガレージキットならパーツをポットのお湯に
ポチャっと浸けると柔らかくなってカタチを修正できた
りするんですが、こちらのチャイナ製のパーツには通
用しないわけです。熱湯浸けしてもカタイまま。。

仕方ないのでダボを削って両面テープ止めすることに
したんですが、パーツの湾曲具合がこれまたメガミデ
バイスと合ってないのでテープで貼り合わせることも
難しい状態でした。

結局、かろうじて接地している面だけテープで止めて、



DSCN9655.jpg
一応、完成です。

上半身と脚はメガミデバイス朱羅忍者蒼衣から、ヘッドは
別の改造パーツのモノで組んでみました。




DSCN9656.jpg
色が合ってないのは前回記述したとおりです。



DSCN9657.jpg



DSCN9658.jpg
下半身デブといっても膝から下は変化なしなワケでして。



DSCN9659.jpg



DSCN9660.jpg



DSCN9662.jpg
上半身の可動域は胸の関係で広くはないですが
膝は結構曲がるように設計されています。



DSCN9663.jpg



DSCN9664.jpg


DSCN9665.jpg


DSCN9666.jpg
ヘッドと胸を別の改造パーツのモノにちぇんじ。




DSCN9667.jpg
ハセガワの1/12公園のベンチと。

関節の可動域は確保された設計になっています。




DSCN9669.jpg
花魁ヘッドで。




DSCN9668.jpg
メガミデバイス・アサルト/スカウトのヘッドにちぇんじ。

服はタカラのコンパクトドールのものになります。




DSCN9672.jpg
膝の上あたりにすき間ができていますがキッチリ合わせる
には削ったりする必要があるキットということで、この辺も
ガレージキットとおなじといえるかと。


DSCN9671.jpg



DSCN9670.jpg
ぽっちゃりつながりでポリニアンと。



DSCN9673.jpg
全体的なバランスはポリニアンが上かと思われます。


DSCN9674.jpg
しかし世の中にはいろんな体型の人が居るのでこういう
体型のメガミがあってもいいのでは?




DSCN9675.jpg



DSCN9676.jpg
ラストの一枚。


あちらこちらが仮止めの状態なのでキッチリ接着すると
もうすこしすき間も消せる部分はあろうかと思います。
ただ、パーツを柔らかくして接合具合を調整できないと
いう点が痛いですね。

胸と股関節部分は塗装すれば下着/ビキニみたいに演出
することも可能です。

メガミデバイスの肌の色と合ってないので全体的に塗装し
てやったほうがイイでしょう(めんどくさいですが)。


そこまで高額なキットではないので面白パーツとして捉えて
みてもいいのではないでしょうか?

ただし、前述しましたが新型肺炎問題によって注文したとしても
輸送状況がどんなかんじなのかが一番の悩みどころではない
かと思われます。こればかりはどうにもなりません。。


といったところで今日はこれにて。

それではごきげんよう♪





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラトロワ中佐

Author:ラトロワ中佐
Yahooブログから引っ越してきました。
フィギュア、ドール、プラモデルと改造
系の内容のブログです。暇つぶしにでも
ご訪問いただければうれしいです。

フリーエリア