fc2ブログ

フィギュアライズバスト&ピュアニーモそしてキューティーズ

ドール
07 /30 2018
今回もドールのつづきの回になります。


フィギュアライズバストのヘッドをピュアニーモに移植した
ドールで遊んでみようという企画です。




ピュアニーモフレクションのLL胸にアゾンのLL胸用ブラ&
パンツを着用。さらにキューティーズの「1/6ドール用カラータイ
(ローズ)」を履かせてみた図。ピュアニーモフレクションの
ボディサイズはMかLのいずれかですがどっちだっかかは覚えて
ません、、すみません。
なお、今回でてくるボディの肌の色はすべて白肌になります。

余談ですが、LL胸用のブラですが着せるのは至難のワザ。超ムズ
でした。。



ピュアニーモの脚の太さでも問題なしです。








パンツ無しの直ばき。どうしてもパンツの両横の厚みがあるので
見た目ではこちらのほうがラインがきれいな気がします。



キューティーズの「1/6薄手パンティーストッキング(ブルー)
の直ばき。さすが薄手だけあって見た目もキレイです。
こちらはLボディになります。



脚を曲げても問題なし。



おなじくキューティーズの「1/6ワンピース水着(シルバー)」。
伸縮性の高い仕様になってます。
ボディはMサイズ。




















ちなみにこの水着には前後は無いとのこと。




そんでもってここからはLサイズボディで。












フィギュアライズバストの美雲の肌が白すぎて。。色が合うボディ
はあるのだろうか??



やっぱカナメちゃんにはLボディかな。



と、今回はここまでになります。
それではごきげんよう♪







フィギュアライズバストをピュアニーモ化

ドール
07 /27 2018
やっぱし暑かった! いちおう言っとかないと。


今回もピュアニーモの回です。前回のつづきみたいなもんです。




こちらはアゾンさんが“ピュアニーモ”を世に出す前の主力商品
27cm用」のチャイナ服。たしかドラゴンチャイナとかいう
名称だったかな??
なので、ピュアニーモのMサイズでは丈が長すぎでアウト。画像
LボディではOKです。








LL胸ですが、こうして見るとかなかメリハリのあるボディです。




やっぱ、チャイナは脚をだしてナンボでしょう。







顔だけチェンジ。



余談ですが、
例の髪飾りを付けてない右側頭部ですが、


ネットで散見される“ランナーパテ”なるものを作ってみて、




盛ってみました。まだ未完成状態ですが、同じ色のパテができて
しまうという利点は代えがたいものがありますね。


と、きょうはここまで。
次回もピュアニーモを扱います。たぶん。




↑キューティーズさんのストッキングとか出てくる予定です。



それではごきげんよう♪





ピュアニーモ× マクロス

ドール
07 /25 2018
今日もすでに暑い。一応言っときます。


前回の続きでカナメちゃんドールの回になります。




暑いときはやっぱシャワーですわな。












前にも言いましたが、ピュアニーモのイイところは程よい線の
太さなんですよね。










とまぁ、今回は駄文も少なめで。
それではごきげんよう♪





フィギュアライズバスト カナメ

ドール
07 /23 2018
今日も暑かった。。

さて、今回はドールの回になります。

あと、真っ裸の素体の画像とかでてきますので
ご注意ください。

一応言っとかないとですね。。


前回でしたか、ちょろっとお話しした“カナメヘッド Ver.3”を
とりあげます。完成度合いからしたら85%くらいでしょうか。
しかし、ジオングの整備兵が言っていたように「現状で100%
発揮できる」ハズなのです。



今回選んだボディは「ピュアニーモフレクション Lボディ/
LLバスト 白肌」です。
Mボディでも良かったかなぁと思わないでもないですが。。

これにフィギュアライズバストのカナメヘッドを取り付けよう
ということです。前にも同じようなことはやったんですがカナメ
ちゃんとピュアニーモの組み合わせは無かったんで今回あえてや
ってみました。 




取り付けのために加工するのはこの後ろ髪のパーツのみです。
ピュアニーモの首ジョイントをはめ込めるようにドリルで5ミリ
程の穴をあけて十字状に切り込みを入れていきます。
あと、首が太いので首が当たらないように襟首?とでも言います
か、該当箇所を少し削りました。


ジョイントが上から見ると十字状になっています。



ぶっちゃけ加工部分はキレイではありませんが、あくまで個人で
楽しむモノなのでこれでOKです。

取り付けだけならこれで工事は終了です。



が、カナメちゃんヘッドも3個目なので、“レイヤードインジェク
ション”を無視して目を描きなおしてみました。
あと、顔を800番のペーパーで軽くこすってマットな感じにして
おります。



さて、若干首から顎の距離が短いかな?とも思ったんですが修正
するにはかなり面倒な作業になりそうなのでこのままにしておき
ます。



可動具合、下。



上。

あと、完成度合い85%のゆえんは髪飾りを付けないバージョンの
右側頭部が未成型な点であります。



横。



ちょっとノッポさんかな?と見えなくもないですかね。
違和感がぬぐえなければMボディの出番になりますが、
ジョイント部分はただはめ込んだだけなので取り換えは簡単です。


と、今日はここまでです。
次回はこの続きをもう少しだけ。

それではごきげんよう♪
















フィギュアライズバスト ドール化

ドール
07 /21 2018
自室に冷房の類がないのでこの時期は製作活動が滞りがちに
なるんですよね。。

さて、今回はドールの回になります。
けっこう前にバンダイさんの「フィギュアライズバスト」を
ドール用ヘッドにあつらえるというシリーズを投稿していました
が、昔作ったやつを久々に引っ張り出して撮影してみました。




ピコニーモ 白肌(旧Mボディ)&ボークスさんの服。

↑ピュアニーモ の間違いでした。すみません。


顔だけチェンジ。




オビツ社の24センチボディ Ver.2(ホワイティL胸)。

落っことしてずらまるちゃんの髪の毛1本折れちゃってます、、



ボークスさんの素体(やわらかバストタイプ)。

暑いと言いつつカナメちゃんのVer.3ヘッドを製作中だったり
します。

それでは今日はこれにて。
ごきげんよう♪








メガミ弓兵&改造パーツ

模型
07 /19 2018
ここ数年の傾向からすると一番暑いのは7月で8月はそこまで
ないはずと推測しているんですが。

さて、今回はプラモデル・メガミデバイスを扱います。




このまえの「弓兵の影衣」です。今日はアーマーモードでまいり
ます。素組ですが。

本来のアーマーモードは胸&ボディも“それ用”のモノがあるワケ
ですが、あえて素体モードでやっております。















ごっどごーがん。


と、影衣はひとまずここまでで。
次に改造パーツのほうにいってみましょう。





ARKS DEPOTさんの「町娘風ヘッドパーツ」です。

白のレジン成型のパーツが3つと髪飾りが2種付いています。
おそらくこの髪飾りは女子のネイル用のやつかと?



食器用洗剤でパーツを洗浄 → バリ取り → 塗装。という
工程です。接着剤は必要ありませんでした。 メガミデバイス側
のパーツは耳付きの顔取り付けパーツのみ使用します。



真っ白のパーツなので髪と髪飾りの部分は塗装が必要です。
正直真っ黒にするのも面白くないかなと思ったんですが、こう
なりました。。ちなみに普通のブラックを使うのがしゃくだった
んでリトルアーモリーカラーのアルマイトブラックをメインで
紫でラインを引いてみました。




できあがり。コンパクトドールの浴衣です。



前方のかんざしは無塗装の白のまま、後ろ側は赤系で塗ってます。
別パーツの髪飾りは今回は使っておりません。なのでちょっと
さみしい感じがしております。












「オイ、お弓っ、布団敷いとくれ」



「ハイ、ただいま、、」

というかんじですかね。



はたしてこのお弓、正義なのか悪なのか?





こっちに付けるとだいぶ違和感が、、



でもなんか手の加えようはあるかも??



と、こんかいはここまでです。
それではごきげんよう♪







ガンプラ×マクロス カナメ・バッカニア

模型
07 /17 2018
暑い日が続きますね。。
今回はプラモデルというかフィギュアの回になります。


お気に入りのキャラ、マクロスデルタのカナメちゃん
フィギュアを可動化できないものかと悪あがきしてみたという
お話です。




使用するのはSQフィギュアのワルキューレVer.と
ガンプラのういにんぐふみな でやんす。

ふみなの腕と首を取り付けれるようにボディを加工。




なかなかエグイ画像ですが下半身もまるっとふみなのものに付け
替え。ただ、このままだと腿の可動域がほぼ死んでしまうので
ちょっと算段中です。
SQフィギュアのブーツをそのまま取り付けるのでふみなの足首
パーツは使いません。




スカート部分はひとまず適当なレジ袋を加工してあてがっており
ます。
目は描きなおしました。
















このあいだのカナメちゃんと。







動かせるってイイですね♪


といったところでごきげんよう♪








メガミデバイス改造パーツ

模型
07 /14 2018
今回はプラモデルの回になります。
あと、ややエロ系ですのでダメな人は退避してくださいね。


コトブキヤの大人気商品メガミデバイスシリーズの「朱羅 弓兵
影衣 (アスラキュウヘイシャドウエディション)」の素体を
ベースに「忍者・弓兵用改造パーツ」なるものを使ってみました。


まずは、



オリジナルの素体バージョン。完全なる素組です。



そして今回つかうのが、



wooper製作所さんの「ボディーパーツA」です。こちらは
AとBの2種類あり、Aが普通胸、Bが微乳という商品です。
画像では一部切り離していますがこれが全パーツになります。




こちらのパーツ、肌色がメガミデバイス本体より若干赤みがかっ
ているので、目の細かい紙ヤスリで軽くなでております。
とパンツパーツだけ白系でスケさせてしまいました。。





そして、




さらに「メガミデバイス・マジカルガール」の手足パーツに換装







やっぱり大きいほうがイイよねぇ~、、




「なんで怒られてるか分かってんの?」というかんじの図。







いや、夏ですね。




フテくされの図。



ちなみにこの改造パーツはネットでも購入できます。
(関係者でもなんでもありませんが)

といったところで今回はこれにて
それではごきげんよう♪









ラトロワ中佐

Yahooブログから引っ越してきま
した。
フィギュア、ドール、プラモデルと改
造系の内容のブログです。記事の画像
が入れ変わってしまっているものがあ
ります。順次修正してまいります。