fc2ブログ

ボークス プリムラ~2

模型
11 /20 2017
ボークスさんから「ブロッカーズフィオーレ」の第2弾が発売
されました。第1弾のカラーバリエーションである“プリムラ・
シネンシス”であります。




第1弾のプリムラを作った勢いに乗じて「プリムラ・シネンシス」
をちゃちゃっと組み立てちゃいました。



完全なるカラーバリエーション製品です。
ただ、第1弾よりは気持ち組み立て安かったです。1回組み立て
た経験からか、製品の個体差なのか、金型をいじったのかはわか
りませんが。
また、贅沢にも交換用ヘッドが8種類付いています。
ボークスさんのやる気が表れています。



さて、


第1弾では足首足の甲部分では黒と白という風に成型色が異なっ
ていましたが、今回のシネンシスでは足の甲も黒色成型となって
いたので素体バージョンで組み上げてみました。



横。ところどころに“バッテン”のくぼみがありますがオプション
パーツを付けるためのジョイントパーツ用の差し込み穴になって
います。


今回もヒール部分は接着してます。やはり“ポロリン病”でした。






1弾とおなじく肌色胸パーツも付いていました。
ヘッドは8種、手首パーツは3種。



アーマー有りの図。
足首だけアーマーパーツは付けていません。足首部分の素体用の
ジョイントとアーマー取り付け用のジョイントの交換がめっちゃ
難儀するからスルーしております。。


1弾のプリムラと。


ヘアーを取り換え。





これもアリですね。



ピコニーモの服。



リュック。


ピコニーモの服。







“勝手になんとか” っていうやつかッ!


最後に、


ウチにいる褐色ちゃん達と。
左から、武装神姫、FAガール(ブラウンスキン)で右端も武装
神姫。


と、こんなところです。

なかなかいいけるんじゃないのか?プリムラ。
3弾はあるのか?
それではごきげんよう♪







ボークス プリムラ

模型
11 /19 2017
コトブキヤが「フレームアームズ・ガール」や「メガミデバイス
で攻勢をかけている昨今ですが、ボークスも遅ればせながらと
いうことになるのかならないのか?女子モノのプラモをこの夏に
投入してきましたね。「ブロッカーズフィオーレ プリムラ」。

コトブキヤのほうはもともと展開していた「フレームアームズ」と
いうシリーズから派生して誕生したのが「フレームアームズ・ガール」ですが、ボークスのほうも「ブロッカーズ」というオリジナル
プラモのシリーズ商品があってそこから派生してでけたのが「ブ
ッカーズフィオーレ」だそうな。
両者とも“オリジナルのメカモノ女子モノ”へと発展していった
商品になります。まぁ、人間考えることは同じっつうことですか
な。

7月の発売日に買っといて作ったのがおとといというこの体たらく
っぷり!しかも昨日が第2弾「プリムラ・シネンシス」の発売と
いうこともあり急ぎ作ったワケであります。


いつものようにレビューちっくな内容でまいります。


パッケージ。



初回特典のクリアーのランナーパーツ。
この手のヤツって2個持ってないとなかなか使えないですよねぇ。


お顔は“タンポ印刷済み”のものが4種、口の形状が同じでのっぺら
なパーツが4種付いています。
フレームアームズ・ガールと違ってアニメ調なヘッドになっており
ます。


とりあえず素組です。


一応、スカートの上部分のラインのみ赤のマスキングテープで
アクセントをつけてみました。
にしてもガンダムっぽい足です。



スカートは簡単に取り外し可。胴体に挟んで合わせるだけですので



インストの画像では胸の部分は下側に映ってる肌色+白のパーツ
合わせたものを取り付けてありますが肌色のみのパーツも付いてい
たのでそちらを使って組み上げてみました。


首の下側にあるような“バッテン”状のくぼみにジョイント用の
パーツをはめ込んでオプションパーツを取り付ける仕様です。
このシリーズのジョイントは「4ミリ軸」なのでコトブキヤの製品
やガンプラのパーツは取り付け不可です。 が、所詮プラモなので
工夫次第ではいかようにもなるかと。



素体状態での可動域。







ひじの可動具合。



顔その1。


顔その2。


その3。涙目。


その4。


FAガール、メガミデバイスと。


手の大きさ比較。

ちなみに付属のパーツは他にヘッド部分、胸、後ろの腰部分が
付いていますが今回はスルーしてます。


とまぁこんなところです。

この製品の個人的感想ですが、
正直なことろ組み立てづらいですかね。パーツの“合い”があまり
よろしくないようです。とくに股関節部分の組み立ては難儀しまし
た(個体差もあろうかとおもいます)。膝のお皿のパーツと
足のヒール部分はポロリしやすいので接着したほうがよろしいかと
。今回足の部分は“ガンダム足”に仕上げましたが付属の別パーツを
使えば素体状の足首にすることもできます。ただ、パーツがカタす
ぎて付け替え遊びが容易ではないという難点も。。
と、
いろいろけなしてばかりですが、さすがボークスというか、お顔は
かわいらしく仕上げてあります。手足の形状はフィギュアのような
メリハリのある感じに作ってあります。

ちなみに昨日の「シネンシス」と同時発売でこのプリムラ第1弾用
の交換ヘッドセット(別の表情4種入り)が500円で発売されまし
た。

もうちょっと見守ってみることにしますかね。

というところで今日はこれにて。
ごきげんよう♪





















謹んでお悔やみ申し上げます。

日記
11 /18 2017
鶴ひろみさんが急逝されたとうことでただただ驚くばかりです。
運転中に急に苦しくなられたのでしょうが、ハザードランプを
付けて停車しておられたということろにその人となりを感じる
ことができますね。人間、パニックになったら手順なんて吹っ飛
んでしまいがちですからね。

お声を聞けないのは残念でなりませんが鶴さんの演じられたキャラ
クター達はこれから変わらずに私も含めて世界中の人たちから愛
されつづけることでしょう。ブルマ”なんてワールドワイドですか
ら。

今までどうもありがとうございました。  合掌



昔作った美神令子。

それでは。









富嶽 その2

日記
11 /08 2017
さてさて、前回のつづきとなりますが今回も拙い画像メインで
まいります。
















エンジン下部のラジエーターカバーは開いた状態を選択しました。





















前回申し上げたとおり機銃がへし折れております。









というところで幻の超重爆撃機富嶽でした。
それではごきげんよう♪




富嶽 その1

模型
11 /07 2017
夏の頃だったと思いますが「富嶽」の記事を投稿すると言いつつ
もう冬も目前となってしまいました。。

このままでは“やるやる詐欺”になってしまうので年を越さないうち
にやってしまうことにしました。



フジミ模型の「1/144 富嶽」です。



パケ裏。
半完成品のモデルで全4種となっています。
ウチにあるのは「フィリピンクラーク基地所属機」です。



車輪部分と弾倉部分のハッチは開閉のいずれかの選択式。



プロペラはデフォルトで取り付けてあるのが“二重反転式”のモノで
別途“六枚プロペラ”のパーツも付いていて付け替え可能ですが
壊しそうだったので今回はデフォの二重反転式のみでいきます。
しかしマニアックな響きですねぇ~“にじゅうはんてんしき”。



残念ながらすでに後方の下部機銃がへし折れていました、、、




この機体とにかくデカイ。 よってこちらの機体にも登場して
もらいます。




アオシマのカプセルトイ「1/144 零戦21型編」より
加賀所属機の駐機Ver.です。


完成図。



どちらも1/144スケール。

















このモデルはそのままでは“尻もち”をついてしまうので零戦が
入っていたブリスタをかませています。
機首の部分に適当な重りを入れておく必要ありです。



魅惑の二重反転プロペラ。







次回に続きます。
それではごきげんよう♪





ラトロワ中佐

Yahooブログから引っ越してきま
した。
フィギュア、ドール、プラモデルと改
造系の内容のブログです。記事の画像
が入れ変わってしまっているものがあ
ります。順次修正してまいります。