fc2ブログ

ガンプラ改造:ういにんぐふみなをマクロスΔに

模型
11 /30 2016


さてさて、
前回のカナメちゃんがちょっとアレだったもんでいろいろと思案して
足してみました。
使ったのがコチラ。



2色のマスキングテープとフィギュアライズバストのパーツ&シール。




改良版がコチラ。
胸も隠れてだいぶ見せれるようになりました。。
お腹まわりはあえて手付かずにしております。




腕と手首部分はフィギュアライズバストのパーツを加工して取り付け、
マスキングテープも使用。







右手も同じく。SQのパーツが小さくて取り付け不可能だったもんで、
フィギュアライズバストのパーツに頼ることに。





胸の部分はマスキングテープとフィギュアライズバストのシールで
それっぽく

以下適当に何枚か。













削りに失敗してブーツに穴が、、














というカナメ・バッカニア嬢でした。

今日はこれにて、

次は“クモクモ”をふるプニ化してみようかと目論んでます(未着手)。
それではごきげんよう♪



ふるプニっ!でマクロスデルタ

フィギュア
11 /25 2016

めっきり寒くなりました。
部屋に電気ストーブを出したいところなんですが、まず片付けを
しないと火事になりかねないという現状です。まっ、毎年のこと
なんですけど。。


さて、ゲーセンの景品のフィギュアで「SQ」というシリーズが
ありますね。それのカナメちゃんをいじってみました。今回は
そのお話です。



パッケージの画像も載せずにまず分解。
各パーツは強力に接着してあったので一苦労でした。足をもぎ取る時に
パーツが顔面を直撃、“カナメ・キック”をくらいました、、





いつものように「ふるプニっ」素体にヘッドをはめ込みました。
今回はその他のパーツも極力使用する方向で工事しました。が、胸と
胴の箇所はどうにもならなかったので画像のようになっちゃってます。





手首の部分も太さが異なりはめ込めそうになかったので無加工です。




台座にはめ込む足裏の突起もそのままにしました。




うしろ。
































各パーツ削って、くりぬいて素体にはめ込んだだけ。
足首は無可動です。










胸の部分もなんとかしてあげないと、、





追記、


前回ふるプニ化には“ダメっぽい”と言っていた美雲フィギュア。
以外にイケるんじゃ?と思い立って工事してみました。




肌の色合いもさほど気にならずいい感じです。が、後ろ髪が重すぎて
台座等で髪を保持しないと飾れません。。




きょうはこのへんで、
それではごきげんよう♪



ふるプニでアイドル可動

フィギュア
11 /22 2016


とある中古店で箱無しのアイマスフィギュアを見かけました。




シンデレラガールズの「新田美波」さんです。プライズ系のモノで
このフィギュアの存在自体は知っていたのですが箱から出された状態で
見たのは初めてで、このフィギュアを見た瞬間聖子ちゃんではないですが
ビビビッ”っときたワケです。





やはりイケました。ふるプニ化成功です。
ヘッドの大きさと肌の色具合でいけそうな気がしたもんで即買いでした。
帽子を取ろうとしたんですが結構強くくっ付いていてはがれませんでした。
相方の「アナスタシア」でしたっけ?のほうは肌が白すぎて適合しない
だろうと思い、パスしました。キャラは好きなんですけどね。。

このフィギュアはヘッドがスパッと抜けました。おそらくバラした状態で
箱詰めされた景品なのでしょう。おかげで工事もやりやすかったです。








片方の膝の具合がよろしくありません。。













キャン☆ドゥの木工クラフトと。






ヘッド交換です。
こちらも「SQ」シリーズのエリチ。これもピッタリでした。

下のヘッドは以前当ブログで登場したやはりプライズ系のものです。
“バージョン1”とでも呼びますか。











こちらも以前に登場したふるプニ貴音さんですが、美波さんの首が使えそう
だったので工事して取り付けちゃいました。






あずささんはやはり「SQ」のもので首から上をまるっと移植しちゃい
ました。使えるモノは使う主義です。




ちょっとハレンチな絵面になっちゃっててスミマセン。





お尻がスリムすぎるのがちょっと残念なところですかね。
ちなみに貴音さんは一番くじのやつです。





個人的にはこの先生が最強キャラです!




ちなみに、手持ち分のプライズフィギュアをみてみると、
「SQ」の制服スタイルの美雲さんはヘッドが小さすぎる感じです。
カナメさんはイケそうな気がするんですが1個しか持ってないので
分解する気になれません。。もう1個ゲットするかな、、


とまぁつらつら綴ってみましたがふるプニの素体はメーカー在庫のみ
で当のメーカー自体も完全に“ロボットオンリー”で商品展開していますので
もはや詰んでしまったようなもんです。。残念です。

あと、
今回の貴音&あずさは胸を「山辺橙」のものに交換したものになります。


ではきょうはこのへんで
ごきげんよう♪





マクロスのワルキューレをシームレスドールに

フィギュアライズバスト
11 /20 2016

ヤフーさんからこのブログは「マイクロソフトEdge」には対応してない
というアナウンスがあり今回は「IE」で投稿してます。
まぁ、前回はEdgeの方で投稿したんですがよくわかりません。。
ついでに一言。

「windows10」を寝る前に更新してシャットアウトして、朝起きて起ち
上がるのに1時間前後かかるってどいう領分してるんでしょうか?
いつものように出勤まえにチョロッとニュースと天気を見ようかと思って
いたらとんでもないことに。。
更新を構築してます。電源は切らないで” とか出がけに
   「ムリだっつうの!」

結局電源つけっぱで家をでるハメに、、、



さてさて、
以前にフィギュアライズバストと手持ち分のドールの素体を組み合わせた
画像を列挙した回がありましたが1個存在を忘れていた素体がありました。
一連のフィギュアライズバストのお話のラストということで今回は
その画像を数枚載っけてみたいと思います。




きういhouseさんのトコの1/6素体です。
こちらも前回出てきた素体と同じく人肌のゲルというシリコン製です。
ただし、旧バージョンの素体になります。

ヘッドはカナメちゃんのバージョン1です。前回の素体と違って首回り
が若干小さい素体なので加工した「D-5」パーツ有りですっぽりはまり
ました。ただ固定具の形状が異なりガッチリはめ込むには別途加工が
必要ですので今回は“あてがっただけ”になってます。




魅惑のバストはGサイズ。。





横向き。




うしろ。




マキナ。




美雲。色がぜんぜんですね。。

この素体には「雪肌」という色白のものも製造されているのでそっちなら
合うかも。。まぁお安くはないのですが。



きょうはこのへんで。
次回は久々に「ふるプニっ!」を予定してます。

それではごきげんよう♪


フィギュアライズバストをドール用ヘッドに改造

フィギュアライズバスト
11 /18 2016


前々回からのつづきで“フィギュアライズバストをドールのヘッドにしよう”
というお話です。



前回はここまでだったと思います。




分解するとこんなふうになってます。

加工した右側のパーツ№「D-5」ですが内側が筒状に成型されていて
このままだと素体の首が取り付けられません。一見首がそのまま入り
そうな感じもするのですが、よしんば入ったとしても顔を斜めに傾けた
状態で固定されてしまうのでイマイチかと。




なので、まるっと切り取りました。




仮組するとこうなります。
あとは今回取り付ける首がすっぽり入るように穴の大きさを調整します。
このときに「A-6」パーツの緩衝しそうな部分もザックリ切り取っちゃい
ます。





そして素体の丸で囲った部分が固定具的な部位になるのでこれが通る穴を
あけます。こちらの直径が5ミリとやや大きなサイズです。





ホビー用のピンバイスで5ミリのドリルってあんまり見た記憶がないので
(私だけかも?)、ダイソーの「2ウェイドライバー」の取っ手の部分と
同じくダイソーの電動ドリル用のドリル刃をつなげたドリルで掘っていき
ます。両者ともピッタリフィットして結構重宝してマス。
ただ、いきなり5ミリで開けていくのではなく小さめの穴から2~3段階
かけて掘っていくのがベターです。



素体の首をあてがいつつおおよその目安をつけて掘ります。





くっつけるとこうなります。
ちょっとだけドリルの穴が前過ぎたかも。。。




首が顔の下から真っ直に入るように後ろ髪を削っていたら穴が開いちゃい
ました。。どうやらこの箇所は厚みが少ない部位だったようです。
しかしながら削らないと首を通せないのでいたしかた無しですか。
まぁ、あとからランナーパーツをつかってふさげばいいんですが、ぶっちゃ
け首を通せば隠れちゃうトコロなんですよね。




合体!
穴は隠れちゃってます。
一見




この素体は風の宿さんのとこのモノで、「人肌のゲル」というシリコンで
成型されていて首の付け根のところにシワが寄ってしまってます。
ヘッド側の穴が小さかったのが原因なのでしょうが、これ以上穴を広げる
のもどうかと思いまして思い切ってヘッドの下側の「D-5」パーツを
省略して素体に取り付けてみると、



ちょっと首が前過ぎてるような気もしますが。。





良さげです。





左:バージョン1、 右:バージョン2 

ぷちリペイントした分目が若干大きくなったような~。。




ちなみにバージョン2ヘッドは「D-5」パーツを付けた状態で
ボークスの素体にもフィットしました。



と、まぁつらつらと書いてきましたがなにかしらの参考にでもなれば
とおもいます。。
それではごきげんよう♪



















フィギュアライズバストを改造して素体に取り付けようの巻

模型
11 /15 2016

久々の更新になります。

ノートパソコンがとうとう起動しなくなりまして買い替えることに。。
某量販店に行って“限られた予算&持ち帰ってスグ使える”をキーワードに
選んだのがNECのLAVIEというやつだったんですが、OSがwindows
10、、
なんでしょう、おしゃれな感じのいらない機能満載ではありませんか!

たのむからXPの頃にもどしてくれ!と思いつつ前回のカナメちゃんの
つづきのようなそうでないようなフィギュアライズバストのお話しです。



違う素体のヘッドとして使いたいのでもう1個買ってきました。
使用するのは前回同様顔の部分のみです。
映ってませんが当然髪の毛部分も使いますよ。



前回と同じじゃつまらないので“まつ毛”の部分を若干ペイントしてみました。
左:修正前、 右:修正後。
まぁ、微妙なトコなんですけど。。



そしてこれがバンダイの真骨頂“目のパーツ”。
白、黒、青の成型色パーツが合わさっちゃってます。スゴイ技術力ですが
パーツを切り取るのも大変だったりします。




途中すっ飛ばして仮組しちゃいました。
本来なら顎下から首へとつながる肌色パーツを取り付けるわけですが
ドール素体に取り付けるならこの状態で“取り付け工事”をするのもアリ
かもしれません。




この状態でドールの首が入るように調整してやるのがひとつ。
で、




もうひとつのやり方が先ほど省略した首の部分のパーツを取り付けてから
顎下を残して首の部分だけをカットしていくというもの。
前回もこの方法で作ったんですが今回もこの方法で行きたいと思います。




取り付けたい素体はコチラ。




フィギュアライズバストのカナメちゃんは首を傾げたポーズになっている
のでドールの首がまっすぐ取り付けれるように後ろ髪の部分を彫刻刀の
丸刀で加工してやる必要があります。



顔のパーツに顎下のパーツを取り付けて首をカットしていきます。
くれぐれもケガをしないように!

あと、一応言っておきますがフィギュアライズバストは接着剤は不要です。





こんな感じになります。
これからドールの首が入る大きさまで顎下パーツの穴を広げていきつつ
首と緩衝する後ろ髪の部分も削っていきます。




顎下パーツの後ろ部分に後ろ髪パーツと合わさるジョイントがあるので
一応残しておくつもりですがおそらく無くても不具合はないハズなので
完全に除去してもいいかもです。



と、今回はここまでです。

それではごきげんよう♪















フィギュアライズバスト&ボークス素体でカナメ・バッカニア

ドール
11 /01 2016
 
だいぶ寒くなってきました。
冬物の服を引っぱり出さないといけないんですが、自分の服より
人形用の服のほうが多いことを改めて痛感している今日この頃です。。
 
 
さて、フィギュアライズバストで遊そぼうというお話の続きです。
 
 

ジーンズはジェニー用のものでTシャツは、
 
 
 

何年か前に発売されたユージンの200円ガシャ
ディズニーキャラクターズ・ミニジャケット&ミニTシャツ」です。
当時ドール用にイケるんじゃないか?と思いつつ回してみたんですが
本命のジャケットは残念ながら出ませんでした。
 
 

素体はボークス
「エクセレント・ビューティー・モデル やわからバスト・麗乳」
を使用していますがジャストフィットです。
 
 
 

こちらはアゾン、ジェニー、イベントのディーラーさんのやつを合わせた
ものになります。
 
 

バッグだけボークスのものに取替え。
 
 
 

 
 
 
 

上からジェニー、ボークス、アゾンのサンダル
 
 
 

ちゃんと箱も付いているというアゾンの心憎さ!
 
 
 
 
 

麗乳は“やわらかバスト”シリーズではいちばん小さな胸になり、ジェニー用
の服も着せることができました。
 
 
 

詳細は不明ですが海外製のウエディングドレス。ブーケもあったような。。
 
 
 

100均のチェーンをネックレスに見立てて。。
 
 
 
 

上から下までジェニーの「浴衣セット」
 
 
 

 
 
 

なんか色っぽいことになってます。
 
 
 
 

ボークスのやわらかバスト素体。
前回のマキナは“”でこちらは“”ボディ。
 
 
 
 

昔ワンフェスで購入した海外製の水着+PGジェニーについてたサンダル。
 
 
 
 

この水着は留め具類は無使用で見栄えもイイんですよね。
 
 
 

 
 
 
やっぱりショートヘアのヘッドって扱いやすいです。
というところできょうはこのへんで。
次回は未定です。
それではごきげんよう♪
 
 
 
 
 

ラトロワ中佐

Yahooブログから引っ越してきま
した。
フィギュア、ドール、プラモデルと改
造系の内容のブログです。記事の画像
が入れ変わってしまっているものがあ
ります。順次修正してまいります。